医療法人 城南ヘルスケアグループ くまもと南部広域病院

入院のいらないバイオセラピー
PFC-FD療法

PFC-FD療法とは?

自分の血液中の血小板に含まれる”成長因子”を活用し、関節や筋腱の疾患・損傷に対して注射する治療法です。血小板は傷を治す際に”成長因子”を放出します。”成長因子”の働きを活用し、人体がもともと持っている「治癒力」を高める新しい治療法です。”成長因子”を傷ついた箇所に注入することで自己修復機能を促し、痛みの軽減や傷ついた箇所の治療を目指します。

PFC-FD™は血小板の力を活用する治療法であり、血小板由来成長因子濃縮液を凍結乾燥保存したものの商品名・サービス名です。「PFC-FD」は、セルソース株式会社がPlatelet-Derived Factor Concentrate Freeze Dryという造語の頭文字から名付けました。

※PFC-FD™は、セルソース株式会社の提供する商標です。
治療の効果には個人差があります。
当院では現在、膝関節のみに行っています。

変形性膝関節症と言われた

関節炎と診断されたことがある

階段を上るときに膝が痛い

ひざに違和感がある

スポーツで関節を痛めた

……こうした症状でお困りの方は、ご相談ください。

治療の流れ

まず電話でご予約下さい。

よくある質問と答え

Q. 治療に手術は必要ですか?

A.いいえ。手術の必要はありません。

Q. 入院の必要はありますか?

A.いいえ。多くの患者さんが外来診療です。

Q. 高齢でも治療を受けられますか?

A. はい、可能です。注射のみの治療ですので、高齢の方でもお受けいただけます。
ただし関節の状態によっては、年齢に関わらず手術が適していることもありますので、ご相談ください。

Q. 副作用はありますか?

A.患者さんご自身の血液を使うため、極めて少ないと考えられています。ただし、注射による一般的な副作用(痛み、赤み、腫れなど)が起こる可能性はあります。

Q. 健康保険の適用となりますか?

A.いいえ。自由診療で治療を行っております。費用については、医師・スタッフにお尋ねください。